東京駅一番街の東京おかしランドで亀田製菓の「ハッピーターンズ」が次の通り期間限定でオープンしています。

◯ 「ハッピーターンズ」
期間   2013年1月31日(木)~5月12日(日) 102日間
営業時間 9:00~21:00
場所   東京駅一番街 東京おかしランドイベントスペース

このことについては、2月13日のTBS系「はなまるマーケット」でも紹介されていました。

はなまるマーケットの情報は次のとおりです。

定番お菓子の専門店に東京駅では大行列です。

連日東京駅に出現する行列は、あるお菓子の専門店が期間限定でオープンし、お菓子のグルメファンに大人気となっているからです。

あるお客さんは、「今日で2回めです。美味しかったので買いに来ちゃいました。」

別なお客さんは、「見た目がおしゃれて、美味しそう!」

ところ狭しと店内に並んでいるのは、ピンク、紫、オレンジなどのパッケージ。

カラフルなお菓子ですが、中に入っているのは何でしょうか?

あるお客さん、「ハッピーターンがまさかこんなにおしゃれで可愛くなるとは思いませんでした。」

そう、あの定番のお菓子、ハッピーターンをアレンジした新商品です。

その名前は、「ハッピージョイ」 12個入り 各525円です。

味のバリエーションは、全部で6種類です。

味の感想をあるお客さんは、「甘じょっぱさはそのままで、さらにお芋の味があとからして意外と合います。」

別なお客さんは、「一瞬ハッピーターンなんだけどその後甘いのがフアーッとメープルの香りが広がります。」

6種類の味とは、抹茶、カマンベールチーズ、黒糖、木苺、紫芋、メープルです。

通常のハッピーターンとは異なり、煎餅に使うお米も厳選しており、よりサクサクとした食感を楽しむことができます。

お店の方は、「高級仕様のハッピーターンということで、プレゼントように幅広く使っていただけると思います。」

店内を見てみると大量買している人が続出しています。

実は、今、ハッピーターンのようにこれらの定番お菓子を続々と進化させている現象が起きています。

そのことについて、10年以上スイーツの記事を執筆している All aboutのスイーツガイド・スイーツジャーナリストの平岩理緒さんは、「定番のお菓子がちょっと高級化して、おシャレに進化しているのが非常に注目を集めています。プチ贅沢という感じで、幅広い年代の方に受け入れられています。チョットアレンジを加えて出しているのが多いですね。と分析しています。

亀田製菓のハッピーターン