東京駅 エキソト大丸東京店とエキナカグラスタの人気お弁当ベスト3 モーニングバードから

2012年8月28日朝のテレビ朝日系の情報番組「モーニングバード!」で題して「東京駅のお弁当バトル 1700種類どう選ぶ?」の特集がありました。

今、戦時中に消失してしまった部分の復元中で、新しい東京駅が10月に完成します。

そこではグルメなテナントの熱い戦いが繰り広げられています。

今日の注目する数字は1700種類という見ているだけでゾクゾクするような数字ですが、東京駅で売られているお弁当の種類なのです。

もともと東京駅の地下には、お弁当が売られているというイメージがありますが、こんなにも売られています。

1700種類の内訳ですが、改札内のエキナカで約600種類、改札外のエキソトで約1100種類、その内約1000種類がリニューアルオープンした大丸東京店のデパチカで販売されています.

今ではこのエキナカ対エキソトの熾烈な戦いが勃発しています。

駅直結のエキソトのデパチカでは、弁当の種類とブランド数で勝負を目論んでいます。

一方、エキナカのグランスタでは、利便性と質の良いお弁当で負けられないと考えています。

1日100万人以上が利用する東京駅で起こったお弁当のグルメ・バトルの発端となったのが、お弁当ストリートです。

大丸東京店食品部戦略スタッフの冨士川直樹さんによると「60メートル以上の長さが自慢のお弁当ストリートです。60メートル以上の長さの両脇にはすべてお弁当とお惣菜をご用意しております。」

駅に直結する唯一の百貨店大丸東京店が10月5日の全館リニューアルに先駆けて、デパチカエリアをオープンしました。

そのお弁当の品揃えは圧巻の1000種類。

中でも注目なのはお弁当ストリートのお隣で、大人気エリアのその名もお肉の細道

実演販売で出来たてのお弁当を買うことも出来ます。

大丸東京店のリニューアルでおよそ1700種類のお弁当が買える東京駅となっています。

その結果、お客さんは、「目移りしてしまいます。」とか「いつもお昼時間ギリギリまで迷っています。」などの声も。

そこで、今日のお昼で食べたくなる東京駅のエキナカと大丸東京店、それぞれの人気お弁当ベスト3を紹介します。
 

エキナカ グランスタ

まずは、改札の中、エキナカのグランスタで、8月9日~8月19日までのお盆に売れた人気弁当ベスト3です。

あの日テレ系の「ヒルナンデス!」の本当にいい加減なランキングよりも、このように根拠をきちんと示してくれるのがいいですね。もっともこれが当たり前で、ヒルナンデス!のランキングがひどすぎるだけの話なのですが。
 
 
◯ 第1位 利久の牛たん弁当

お客さんは、「お肉が厚いのでおいしい。」や「ここは有名です。仙台の牛たんって言ったら」のコメントがありました。

厨房が店舗併設でお昼休みを過ぎても行列が絶えません。

利久店員、「店内でお焼きしていますので、そちらが人気の秘密だと思います。」と話していました。
 
 
◯ 第2位 eashionのイベリコ豚重

お客さんは、「私は初めてなんですけど、知り合いがいつもここでこれを買うっていうのを聞いたので」、「やっぱりイベリコ豚が美味しそう」などと話していました。

スペイン産のイベリコ豚をふんだんに使ったイベリコ豚重です。

eashionの店員「イベリコ豚の中でも最高峰のベジョータという豚を使っていて、ボリュームたっぷりのお弁当です。」
 

◯ 第3位 浅草今半の焼肉弁当

利用客の一人は、「今半って言うと敷居が高いイメージがあるので、なかなか手が出せないのですが、お弁当くらいだったらみたいな。」とのコメント。

明治28年創業の浅草今半の店員は「お弁当用に若干味は変えていまして賞味の時間が7時間後まで美味しい味付けに変わっています。」とのこと。
 
 
さらに、エキナカでは、8月に新たなお弁当スポットが誕生しました。

東京駅の在来線乗り場のすぐ近く、北海道から九州まで全国150種類以上の全国の駅弁を買うことができる「駅弁屋祭」です。

お客さんは、「こういう駅弁を食べたいなと思っても、わざわざそこに行くまでちょってなかなか行けないんで、ここ来れば買えるっていうのはすごくいいなと思いますね」。

駅弁屋祭りの倉持幸司店長は、「駅弁の数としては全国一番を自負しておりますので、品揃えの豊富さでは大丸さんにも負けません」。
 

大丸東京店

 
こうしたエキナカに対抗するのが、弁当の品揃え1000種類を誇る大丸東京店です。
ランキングは、8月22日と8月23日のオープン2日間の売上個数です。
 
 
◯ 第1位 ミート矢澤の黒毛和牛ハンバーグ弁当

「すごく美味しいと娘が言うもんで、それで買いに来たんです。」、「有名で、すごくお肉が美味しいということなんで、一番にここに買いに来ようと思っていて」とのコメントがありました。

行列のできる最高級黒毛和牛専門店です。

ミート矢澤店長、「最高級のステーキがのった9600円のお弁当もありますので、ぜひ東京駅までお越しください。」とのこと。
 

◯ 第2位 叙々苑の焼肉弁当

お客さんのコメントは、「何往復もいっぱい見たんですけど、やっぱり1個買って、また、ここに戻ってきちゃったんで」。

芸能人御用達。高級焼肉店の味をお手頃価格で食べられる叙々苑の焼肉弁当です。

叙々苑店員、「国産牛の黒毛を使っております。なので柔らかくとてもおいしく召し上がれると思います。」とコメントしました。
 

◯ 第3位 洋食や 三代目 たいめいけんのオムライス

お客さんの一人は、「ご飯は昔ながらのケチャップでそこにバターが入っている感じで」、別の方は「子供が好きなので、とろとろのオムライスが。」とコメント。

玉ねぎ、ハムの入った昔ながらのオムライスをフワフワ卵で包み込んだ一品。食べる直前にデミグラスソースをタップリかけていただきます。

ここで、カメラはスタジオに戻って来ました。

エキナカ グランスタから次の5つのお弁当が並びました。

毎朝築地で仕入れたインドマグロの大トロを炙った「炙りトロ弁当」、「ベジ弁当」、恵比寿にある予約が取れない日本料理店賛否両論の「賛否両論弁当」、「東京美食寿司」、「宝生」

エキソトの大丸東京店からは次の5つです。

牛たんのかねざきの「厚切り牛たんステーキ弁当」、韓国仕立ての豚カルビ重」、銀ムツのトロが2個入っている「メロメロ弁当」、「銀鱈西京焼弁当」、タニタ食堂とメルヘンがコラボした「ブランサワーのヘルシーサンド」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ