2015年8月、TBS系で放送されている「マツコの知らない世界」で東京駅で買える駅弁が特集されました。

今回は、主に大丸東京店のデパ地下の駅弁です。

今回駅弁を紹介してくれたカメラマンの櫻井寛さんは、「東京駅で駅弁を買っておうちに帰ろう!」とフリップを持ちだしました。

櫻井さんの東京駅で駅弁を買う基準は、次のとおりだそうです。

  • 5分あったら駅弁屋祭
  • 10分あったらグランスタ
  • 15分あったら大丸

八重洲地下中央口から徒歩1分の大丸東京店の地下では、1000種類以上の弁当が揃う弁当売場があります。

この弁当売場の最大の特徴が、厨房を完備したお店が多く、できたて熱々のお弁当が買えることです。

eashion スペイン産ベジョータ イベリコ豚重

eashionのスペイン産ベジョータ・イベリコ豚重 1,100円は、もちろんつくりたてです。

マツコさんも、温かいと買う弁当だそうです。

洋食や三代目たいめいけん 洋食やのオムライス

東京・日本橋にある「洋食や三代目たいめいけん 洋食やのオムライス」1,080円は、作り置きせずにできるまで5分待ってくださいと言われて待つ人が多いオムライスです。

三代目たいめいけん」和牛100%ハンバーグ

番外 グランスタの塩にぎり

「グランスタ築地若竹 塩にぎり」1,350円は、櫻井さんお気に入りのお寿司で、お醤油を付けないで食べます。

また、櫻井さんは塩も付けないで食べているそうです。
シャリにすでに塩気がついています。

お好みで、塩、すだちをつけてください。味がぜんぜん変わるそうです。

ただし、1日100個限定で、販売時間は11時、14時、17時です。

ミート矢澤の黒毛和牛ハンバー弁当

大丸東京店の地下、お肉の細道にあるミート矢澤の「黒毛和牛ハンバーグ弁当」1,680円です。

ハンバーグをナイフで切ると、中から肉汁が溢れ出てきます。ミート矢澤では、最高で10,000円近いお弁当もあります。

ブラッカウズ チーズバーガー

大丸の地下にあるブラッカウズのチーズハンバーガー1,550円です。

櫻井さんが、究極のハンバーガーとして最後に出してきました。

マツコさんもその美味しさに絶句!!

黒毛和牛100%のハンバーグをコルビージャックチーズとともにバンズに挟んだ特製バーガーです。

新幹線の中で食べる人も多いそうです。これも現代の駅弁です。

なお、東京駅の中央大通り、グランスタにある「駅弁屋祭」の駅弁については、当サイトの次の記事で紹介しました。

マツコの知らない世界 東京駅の駅弁 グランスタや中央通路の「駅弁屋祭」で買えるおススメは「福豆屋の海苔のりべん」と米子駅「米吾 吾左衛門鮓・鯖」など