東京駅の八重洲口に新たな商業施設「グランルーフ」が明日、新しくオープンします。

東京駅の新しい名所となりそうです。

屋根の形が目を引きますが、約230メートルの長さを持つこの屋根は、船の帆をイメージしています。

更にデッキフロアーでは、壁を緑の植物で多い、ミストも噴出し、暑い日の憩いの場としても活用できます。

また、地下1階、地上3階のフロアーには、15の飲食店が入ります。

その一つである京都のお茶の老舗、福寿園は茶懐石をフレンチ風にアレンジしたフレンチ茶懐石を提供します。

食べてみると、サーモンの味はもちろんのこと最後にお茶の香りがふわっとするそうです。

お茶とフレンチ、珍しい組み合わせです。

料理には、お茶を使ったものが多いそうです。

グランルーフは、明日、9月20日にオープンします。

なお、テナントとして入るグルメな店舗は、浅草今半、Vittorio Pomodoro Tsukiji、R.L WAFFLE CAFE)、神座飲茶樓、東京 米 BARU 竹若、山形酒菜一、築地寿司清、築地 味の浜藤 醍醐味、伊達の牛たん本舗、鳥元、ふれんち茶懐石 京都福寿園茶寮、みそかつ 矢場とんの14店舗です。