東京駅 エキナカの駅弁屋「祭」で買える「元祖かに寿し」 アベ鳥取堂

通年販売の駅弁として有名な鳥取の老舗、アベ鳥取堂の「元祖かに寿し」です。

通年販売のかに駅弁では元祖といえるお店です。

1952年から「かに寿し」の販売を始めており、保存技術を確立した1958年から全国に先駆けて通年販売をはじめました。

定番中の定番のかに寿しの駅弁で、かにのお寿司、八角形の容器も日本で最初のものです。

日本海を代表する海の幸である「かに」は、そのまま食べてももちろん大変美味しいものです。

鳥取県東部から兵庫県北部で水揚げされる蟹の身を使用しており、また、酢、錦糸玉子、お米などすべてがオリジナルです。

八角形の容器は、カニの甲羅に似せて作られたものでこれも日本最初です。

駅弁の「かに寿し」では、酢飯の上に散らしてある甘酢生姜が味を引き締めており、さらに付け合せの塩昆布、奈良漬が風味を増してくれます。

主役であるかにが、脇役の働きによって更に美味しさを倍増させています。

アベ鳥取堂は、創業明治43年で、昭和13年から駅弁の販売をしてきました。

駅弁はその地方の食文化の代表であるとの認識から、鳥取地元の食材にこだわった駅弁を作り続けています。

この駅弁が、鳥取に行かなくても東京駅のエキナカのセントラルストリートにある「駅弁屋 祭」で購入することができます。

駅弁屋祭は、全国各地の名物駅弁などを約170種類以上揃えています。

アベ鳥取堂の「元祖かに寿し」以外にも、「牛肉どまんなか」、「極撰炭火焼き牛たん弁当」、「えび千両ちらし」、「米澤牛特上カルビ弁当」、「季節の吹き寄せ弁当」、「50品目食べごろ弁当」などの人気駅弁も取り揃えています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ