東京駅丸の内駅舎前に昨日オープンした新商業施設KITTE(キッテ)について、東京の各テレビキー局も情報を流してきています。

3月22日のTBS系の「みのもんたの朝ズバッ!」の情報は次のとおりです。

東京の新名所「KITTE」オープンで丸の内に行列ができています。

当日の混雑は、どこの店舗も人でいっぱいで、歩くのも困難な状況です。

期間限定、KITTE限定そしてオープン記念商品が並ぶ店舗の前は、軒並み大混雑です。さらに、全国から集った老舗や銘店がその実力をいかんなく発揮しています。

東京の新名所、KITTEのオープン初日に密着します。

昨日、午前10時にKITTE1階で、開業記念式典が行われました。その30分後の10時半には、入り口前に長い行列が出来ました。800人くらいの行列でした。

午前11時に、グランドオープンとなりました。瞬く間に、KITTEの中は大混雑となりました。

日本郵便が初めて手がける商業施設のKITTEには、7フロアーに98の店舗がお客様をお出迎えします。

昨日、午後0時過ぎの地下1階フロアーではさらにお客の数が増えて来ました。

初めてのお店を珍しそうに見る人やお買い物の人でうめつくされています。

KITTEの地下1階は、全国のご当地グルメが集まったフロアーです。伝統の味、地元の人気商品そして期間限定が並び大盛況です。
 

◯ プリン専門店 向山製作所 地下1階

中でもひときわにぎわいを見せていたのがこのお店です。被災地福島県から唯一の出店です。

向山製作所の高野奈緒美さんは、「もうなんだか、一日があっという間の感じです。こんなかんじは初めてですから。」と感想を。

高野さんは、オープンに合わせて単身福島から上京、ホテル暮らしをしながらこの日を迎えました。

オープン1週間前から、彼女は毎晩遅くまで開店準備に追われました。そんな高野さんが頑張る理由は、「福島でも頑張っていますと全国のお客さんに知ってもらい対し、ここから福島を発信していけたらと、チョット思います。」だそうです。

震災から2年、復興に進む福島の姿を店を通して知って貰いたいと彼女は頑張っていたのです。

そして迎えた昨日、終日、客足は途絶えることがありませんでした。

向山製作所の生キャラメル4種類&キャラメルクリームの詰め合わせ

次にKITTEの1階では、吹き抜けになっていて開放的です。そして天井からは、太陽の光が降り注いでいて明るい雰囲気で、広々と店内が見渡せます。

また、1階には東京中央郵便局もあります。この建物をめぐっては、2009年、当時総務大臣であった鳩山邦夫氏が、旧東京中央郵便局舎を重要文化財として保存するべきだと主張しました。結局この騒動は、保存部分を拡大することで決着しました。

午後2時の3階では、各店舗の前には人だかりができています。KITTEの、2階と3階はファッションが中心とあって、女性客があふれていました。

◯ ハンカチ専門店 「H TOKYO」 3階

3階にあるハンカチ専門店の「H TOKYO」もその一つ。このKITTE内でしか買えないハンカチに女性たちが殺到しました。

◯ 手ぬぐい専門店 「nugoo 拭う鎌倉」 4階

4階でも、女性客が殺到したのが、手ぬぐい専門店の「nugoo 拭う鎌倉」です。匠の技で染め上げられた手ぬぐいに訪れた客はウットリ。

拭う鎌倉・KITTE丸の内店の大比良さんは、「こんなににぎわっていただくとは思わなかった。みんなでハラハラ、ドキドキ大変です。」と。

そしてオープンして初めての夜を迎え、KITTEは更なる盛り上がりを見せました。

午後6時を過ぎて、「わがまちのぬくもり」をテーマとした5階のレストランフロアーでは、まだまだ客足が途絶えません。

◯ 宮崎料理 万作 5階

中でも初日から予約でいっぱいになったのが、宮崎料理 万作です。創業80年の老舗が、名物の「地頭鶏の炭火焼 1,570円」を引っさげ、東京に初上陸しました。

店長は、31歳の名尾さんです。実は、名尾さんは、老舗の東京初出店に伴い、店長に抜擢されたのですが、内装工事の遅れから開店準備も遅れ、名尾さんの帰宅はいつも深夜でした。さらに、初めてのひとり暮らしは不安を増幅しました。
名尾さん、「丸の内って自分自身全く縁のない東京に来て、実際に住んでみて余計に大きいなと感じますし・・・」。
部屋では、接客時に料理の説明がスラスラ出来るようにと自作のメモを何度も読み返しました。

そしてついに迎えたオープンの日では、お店は開店から閉店まで満員御礼で客からも大好評でした。

東京の新名所、KITTEはオープン初日からその実力をいかんなく発揮しました。

KITTEの他にも東京駅周辺には、いろいろ見どころが満載となっています。

去年再開発されました東京駅丸の内駅舎の夜のライトアップは素晴らしいし、そして丸ビル、新丸ビル、日本生命丸の内ビルなどがあります。

KITTEには、地下1階から6階まで日本の伝統的なものを感じられる場所から新しい感性を感じられるフロアーまで盛りだくさんとなっています。

中でも、東大収蔵の文化財を展示している博物館や80年前に造られた内装がそのままある旧東京中央郵便局の局長室などがあります。