東京駅は駅弁激戦区 ミート矢澤、創作鮨タキモト、駅弁屋祭り 「Oha!4 NEWS LIVE」から

2013年4月29日早朝の日本テレビ系情報番組「Oha!4 NEWS LIVE」で東京駅の最新弁当事情について特集があっていました。

内容は次のとおりです。

ゴールデンウィークのまっただ中、お出かけする方も多いのではないでしょうか。というわけで、今回のテーマは東京駅のお弁当です。

駅弁激戦区の東京駅では、今、ある変化が起こっています。

大丸東京店 お弁当ストリート 地下1階

東京駅の地下に直結する大丸東京店は、去年の秋にリニューアルしお弁当にも力を入れています。

◯ ミート矢澤

・東京五反田に本店がある黒毛和牛の専門店です。
・黒毛和牛A5ランクのステーキやハンバーグを目の前でやく実演販売でできたてのお弁当を提供しています。

「金の極味弁当 9,600円」
・ゴールデンウィーク限定販売です。
・牛肉の中でも特に柔らかくきめ細やかな肉質のA5シャトーブリアンステーキ、A5サーロインステーキ、ナイフでカットしたら肉汁があふれる黒毛和牛100%ハンバーグが入っています。
オーダーを受けてから焼き始めるので、常に焼きたてのものがいただけます。
・番組取材中にも、二人のお客さんが買っていったそうです。

 

◯ 創作鮨処タキモト

・創作寿司のお店です。

「贅沢ミルフィーユ 1,575円」
・この店の一番人気のお弁当です。
・およそ10種類の魚介がふんだんに使われ、重ねられたお寿司です。
・店内厨房で、出来立てを用意出来ます。
・出来立ての創作寿司を待つお客さんで店内も賑わってました。

東京駅構内 セントラルストリート

◯ 駅弁屋 祭

・常時約全国170種類の駅弁が揃っています。
・店内にライブキッチンを2ヶ所設置して、お客さんの目を引き付ける実演販売が行われています。
・駅弁を作っているところが目の前で見ることができます。
・これまで出来合いでしか味わえなかった全国各地の名物駅弁を実演販売しています。
・取材当日の実演販売は、兵庫県姫路市の「瀬戸内鯛寿司 1,050円」でした。
・東京大丸やKITTEなどがリニューアルしたりして、新しいお店ができて強豪揃いで大変厳しい状況であるとのことでした。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ