「ギャレット ポップコーン ショップス」東京駅店が東京駅一番街にオープン! お土産にも最適!

2014年4月18日、今日、「ギャレット ポップコーン ショップス」が八重洲地下中央口改札に直結する東京駅一番街にオープンします。

八重洲地下中央口改札から、歩いて30秒の近さです。

ギャレット ポップコーン ショップスの歴史

「ギャレット ポップコーン ショップス」は、アメリカ・シカゴ発祥のカスタムポップコーンブランドで60年以上にわたり、高品質のポップコーンのショップです。

ギャレット ポップコーン ショップスアメリカのギャレット ポップコーン ショップス Photo by Adam Fagen

秘伝のレシピで最初に生まれのは、「キャラメルクリスプ」です。今までになかったど菊特の風味とカリカリ感のポップコーンです。

「キャラメルクリスプ」の次に誕生したのが、濃厚なチェダーチーズをタップリからませている「チーズコーン」です。

これらの「キャラメルクリスプ」と「チーズコーン」が大人気フレーバーとなって、今日の「ギャレット ポップコーン ショップス」があります。

ギャレットのポップコーンの美味しさの秘密

ポップコーンの原料となるとうもろこしには強いこだわりがあります。

専属契約した広大な農園で育てられている大粒のとうもろこしです。

また、トウモロコシには2種類あります。

きのこのような形の「マッシュルーム」と蝶の羽を広げたような「バタフライ」です。

ギャレット ポップコーン ショップスギャレットのポップコーン Photo by Tomoki Miura

この2つのトウモロコシを絶妙なバランスでポップさせています。

この弾けたポップコーンに、銅製の釜でキャラメルソースなどを作ってかけています。

その上、ポップコーンを毎日お店で少量づつ手作りしていますので、出来たてのポップコーンを提供することができます。

ポップコーンのフレーバー一覧

シカゴミックス キャラメルクリスプとチーズコーンのミックス
キャラメルクリスプ 銅製の釜で作ったキャラメルを絡めたもの
チーズコーン コクのある熟成チェダーチーズを使用。
マイルドソルト サクサクとした軽い食感とクラシカルな風味
プレーン 味付けを一切していないピュア・ポップコーン
アーモンド キャラメルクリスプ キャラメルクリスプにローストアーモンドを加えました。
カシュー キャラメルクリスプ キャラメルクリスプにカシューナッツを加えました。

原宿店と東京駅店の限定商品について

去年の2月に日本1号店が東京・原宿にオープンしました。

原宿店は、御存知の通り開店直後から長蛇の行列ができました。

お客さんも、関西、九州などの日本全国から集まり、リピーターも多くいます。

人気の理由は、油を使用せずに弾けさせている大粒のポップコーンを創業から65年間も伝え続けられている秘伝のレシピで味付けされているからです。

お店のイチオシのおすすめメニューは、鍋で煮詰めたキャラメルをコーティングした「キャラメルクリスプ」とコクのあるチーズを絡めた「チーズコーン」を混ぜあわせている「シカゴミックス」です。

異なる味のポップコーンを交互に食べると、塩っぱいものと甘いものが口いっぱいに広がり風味がいっそう増します。

さて、東京駅といえば、東京土産の一大激戦地でもあります。

商品がポップコーンですから、当然東京のお土産としての対象ともなります。

そのため、東京駅店では、本拠地シカゴの夜景を描いた限定のクォート缶を1,030円~販売します。

価格はポップコーンのフレーバーによって異なります。

また、ポップコーンの缶がぴったり入るトートバッグも東京駅限定の1200円で販売します。

このトートバッグには、東京駅の赤レンガ駅舎がデザインされています。

さて、ギャレット ポップコーンの東京駅店は、新しい東京駅のお土産・行列スポットとなるのでしょうか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ